悪玉コレステロール下げるサプリ

悪玉コレステロールを下げるサプリ売れ筋人気ランキング

悪玉コレステロール下げるサプリ

悪玉コレステロールを下げるには、不飽和脂肪酸のDHA,EPAが注目されています。そんな悪玉コレステロールを下げるサプリを売れ筋順にランキングにしました。

 

悪玉コレステロール下げるサプリ

悪玉コレステロールを下げるサプリはきなりの特徴

食生活の乱れや食の欧米化による魚不足から、青魚に含まれるDHAやEPAを摂りたいと考えている人は多いはず。

「きなり」の特徴は、DHAやEPAの量だけでなく質にこだわっているところ。酸化させずに体に届けるため、従来の魚油ではなくフレッシュな状態のアスタキサンチンのオイルを配合しています。

そのため今までのオイルよりも水に溶けやすい性質があり、高い吸収率と抗酸化力を持ち合わせています。プラスねばねば酵素が含まれる納豆キナーゼも配合。DHA・EPAとWでサラサラパワーを発揮します。

しかも特殊製法により、DHA・EPAサプリにありがちな魚臭さがなく、飲みやすさも抜群。

特別モニター毎月お届けコースなら、通常価格の67%offの1,980円(税込・送料無料)とかなりお得な価格で、手軽に始めることができます。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 税込み・送料無料
悪玉コレステロールを下げる小林製薬のDHAサプリの特徴

健康を考えてさらさら習慣をつけけたいと考えている方にお勧めの「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」の特徴は、3つのサラサラ成分が配合されていること。1つ目は、製造技術の進歩によって2倍の量を凝縮した「ナットウキナーゼ」。

従来の2倍の溶かす力を発揮してくれます。2つ目は「さらさらレッド」という品種の玉ねぎ。この玉ねぎには有用成分であるケルセチンが、一般的な玉ねぎの1.5〜3倍も含まれています。ケルセチンには、抗酸力を高めて流れを活発にする作用があります。

そして3つ目は、魚油に含まれるDHAとEPA。サラサラ成分といわれるDHA・EPAは、日常の食生活では不足しがちな成分です。「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」には、これらの成分を1日たった1粒で摂取することが可能なお手軽さ。

初めての購入限定で1,134円(税込・送料無料)と、コスパ的にもバッチリです。

価格 1134(税込み・送料無料)円
評価 評価4
備考

サントリーウエルネスオンライン

悪玉コレステロールにサントリーのセサミン入りサプリの特徴

毎日の生活習慣や仕事・勉強のサポートにおすすめの「DHA&EPA+セサミンEX」。その特徴は、DHAとEPAだけでなく様々な健康成分を贅沢に配合していること。まずは、独自開発により濃度をアップし凝縮したDHA・EPAを配合。

サラサラ習慣、そして考える力や覚える力をサポートします。さらに若々しさをキープさせる「セサミン」、体調サポートに働く「オリザプラス」、大豆由来の健康成分である「ビタミンE」も配合。DHA・EPAはもちろん、他の栄養成分も取り入れたいと考えている方にもぴったりです。

定期お届けコース約30日分で4,950円(税別・送料無料)と価格はやや高めですが、累計販売本数が3,000万本という人気のあるサプリです。

価格 4950(税別・送料無料)円
評価 評価4
備考 定期コースがお得

 

悪玉コレステロールを下げないと動脈硬化が進みやすくなる

健康なときにはあまり実感することがありませんが、悪玉コレステロールは体内にたまると動脈硬化を引き起こす原因にもなりえる危険な存在です。動脈硬化は血管の弾力がなくなって、血管内に様々な物質がたまることで欠陥が狭くなるため、血液が流れにくくなる病気です。その結果、心筋梗塞や脳梗塞といった、生死にかかわる病気にかかることも多く非常に危険です。

 

まだ若いうちは体が正常に機能していますので、多少のことでは動脈硬化のような重篤な症状を起こすことはありません。しかし、不摂生な生活を続けていると、体が衰えてストレスがたまり、体調を崩しやすくなる40代以降に急に重症になる可能性があります。

 

そのため、普段から規則正しい生活とストレスをためない環境を整えるとともに、悪玉コレステロールの原因となる動物性脂肪の多い肉類は控えめにして、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を含む青魚を積極的に摂取することが大切です。

 

とはいえ、食事だけでコレステロールを下げることはかなり困難です。仕事などの付き合いで外食が重なる人、忙しくて運動不足になりやすい人など、生活環境は人それぞれですので、できる範囲で健康的な食生活を送り、サプリで不足分を補うというのが理にかなっています。

 

近年では健康志向がブームになっていることからも、コレステロールを下げる効果のあるサプリが多く出回っていますので、自分に合いそうなものを選んで利用してみるとよいでしょう。

 

動脈硬化に効果が期待されるDHA,EPAを含んだサプリランキング1位はきなり

ランキング上位を見ると、1位コレステロールに「きなり」は人気の高い商品です。和食中心であった従来の日本食が動脈硬化に良いということからヒントを得て作られており、青魚に含まれているDHAやEPAをふんだんに配合しています。平均的な用量は一日4粒で、必要とされているDHA、EPAの半分である500mgを摂取することができます。

 

これらの成分は酸化しやすいため、安価な商品ではいくら続けても十分な効果が期待できませんが、こちらの商品は酸化防止のためにアスタキサンチン配合のクリルオイルを使用しており、さらに体内に吸収されやすいように加工していますので、品質が安定しています。また、血液をサラサラにするナットウキナーゼを配合しており、青魚のみの摂取よりも効果が現れやすくなっています。素材、工場共に国内の厳しいチェックを通過しており、安全性にも配慮された商品です。

 

2位やずやの「青魚の知恵」はベトナムの魚醤を参考にしており、カタクチイワシを丸ごとじっくり発行させています。濃縮された青魚の栄養素は青魚の栄養素を余すところなく詰め込んでおり、それでいて味わいや香りにあまり癖がないので飲みやすくなっています。さらにこの商品は、カプセルやDHA、EPA、カルシウムなどの栄養素をほぼすべて魚由来の素材から作り出していますので、健康面や安全面でも高い評価を得ています。ソフトカプセルタイプですので飲みやすいのも人気の理由の一つとなっています。

 

3位小林製薬のナットウキナーゼは、血栓の元となる血管内の物質を溶かし出す働きを持つナットウキナーゼを豊富に含む商品であり、商品名の由来ともなっています。従来の商品に比べて2倍の含有量を持っており、動脈硬化の予防に大いに役に立ちます。それに加えて、血液をサラサラにすることでよく知られているDHAやEPA、玉ねぎに含まれるケルセチンなども豊富に含んでいますので、血流がよくなる効果が期待できます。小粒で飲みやすいカプセルタイプですので、高齢で薬を飲むのが苦手な人でも無理なく続けることができます。

 

4位サントリーのDHA&EPAは青魚に含まれるDHAとEPAを中心として配合していますが、酸化しやすいこれらの成分の品質を安定させるため、ゴマの健康成分であるセサミン、ビタミンE、オリザプラスなどを合わせて配合しています。これらの成分を配合することで、若々しさの保持や体調の維持などが期待できるようになりました。また、サントリーが自社独自に開発した、国産の新鮮で安全な魚油を使用して、生産工場での衛生管理も徹底しており、長期的な利用でも安心して飲み続けられるような商品に仕上がっています。

 

5位ニッスイのイマークSは、上位5品の中で唯一ドリンクタイプの商品となっています。EPAの血中中性脂肪を低下させる作用に着目して作られており、一日1本飲み続けることで、1〜3か月後には平均約20%の血中中性脂肪を下げています。そのため、消費者庁より特定保健用食品として認可されている安全性の高い商品です。

 

そのほかにもゴマ油屋ビタミンC、ビタミンEなどの豊富な栄養素を含んでいますので、包括的に健康や美容に効果が期待できます。ドリンクタイプなので薬を飲むのが好きではないという人でも気軽に始めることができますし、味も飲みやすいヨーグルト味で、飽きずに続けられる点も人気の理由となっています。

 

食事に取り入れたい!悪玉コレステロール値を下げる食品

悪玉コレステロール値を下げるために食生活の改善はとても重要です。悪玉コレステロール値を下げる食品を毎日の食事に摂り入れるように心がけましょう。

 

イワシやサバなどの青魚

青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸EPA・DHAは中性脂肪を下げることで血液をサラサラにする効果が期待できます。中性脂肪を下げると同時に悪玉コレステロール値を下げることになります。

アマニオイル・えごまオイル・ナッツ類などのオメガ3オイル

オメガ3脂肪酸は中性脂肪値よ悪玉コレステロール値を下げるのに役立ちます。しかし加熱をすると効果が弱くなるため、そのまま摂取することをおすすめします。ナッツ類では特にくるみにオメガ3脂肪酸が含まれています。

納豆

納豆キナーゼという成分には、血液中にできてしまった血栓を溶かす作用があると言われています。悪玉コレステロール値が高い方はすすんで食べるといいでしょう。しかし、納豆には凝固作用であるビタミンK2も含まれるので、納豆キナーゼ含有のサプリであれば手軽に摂取できますね。

水溶性植物繊維が豊富な野菜類や昆布類

豊富な水溶性植物繊維が悪玉コレステロール値を下げるのに役立ちます。にんにく、ごぼう、アポガド、オクラ、わかめや昆布を積極的に取り入れましょう。

アリインを含むニンニク

ニンニクの独特の匂いのもととなるアリインには抗血栓作用や抗酸化作用を高め、悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

しかし、これらの食品を日常的に食事で摂ることはとても難しいですよね。悪玉コレステロール値を下げるサプリを利用する方法もありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

コレステロールを下げるヨーグルトにオリゴ糖をプラス!

 

悪玉コレステロール下げるサプリ

 

コレステロールを下げる対策にヨーグルトがオススメなのは有名な話です。
さらに、オリゴ糖を加えると最強にコレステロールを下げるデザートになります。

 

  • 乳酸菌が悪玉コレステロールを下げる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸までしっかり届いて悪玉コレステロールに付着して体外に排出することでコレステロールを下げる働きを持っています。
この働きは食物繊維と似ています。

 

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、脂肪の消化に不可欠な胆汁酸を分解してコレステロールを下げる働きを持っています。

 

  • ヨーグルトのコレステロール量は大丈夫?

ヨーグルトは乳製品ですから、乳製品と聞くとコレステロール値が気になる人も多いことでしょう。
しかし、ヨーグルトに含まれるコレステロール値は、バターやチーズ、牛乳とは比べものにならないほど低いです。

 

ヨーグルトの100gに含まれるコレステロールは、たったの3〜12mgで乳製品の中では一番低いです。
牛乳はヨーグルトの2倍、チーズやバターは10倍以上です。

 

  • プレーンヨーグルトにオリゴ糖を

コレステロールを下げるには、砂糖なしのプレーンヨーグルトを選ぶことです。
しかし、砂糖なしでプレーンヨーグルトを食べるのは味覚的に辛いですね。
そこでオススメなのがオリゴ糖をプラスする方法です。

 

オリゴ糖は腸内環境を整えるだけではなく、善玉コレステロールを増やしてくれる働きを持っています。
さらには、ヨーグルトの乳酸菌の整腸作用の持続性をオリゴ糖が上げてくれるので相乗効果でもっとコレステロールが下がりやすくなります。

悪玉コレステロールを下げるサプリを使って健康的な体を目指す

悪玉コレステロール下げるサプリ

年々、悪玉コレステロール値に悩む現代人は、多くなってきているのではないでしょうか。
悪玉コレステロールというと、特に食生活の乱れや運動不足によって引き起こされることが多くあります。

 

運動不足の場合には、できるだけ毎日の生活の中で軽い運動を取り入れたり、しっかりとお風呂に入りつつストレッチをするだけでも大きく変わってきます。
また食生活の乱れの場合には、こちらも同じように、できるだけ日本食を中心に取ることがオススメとなります。

 

しかし、日本の食生活である一汁三菜というと、現代では簡単に取ることが難しい場面も増えているのではないでしょうか。
そんな時にオススメなのが、悪玉コレステロール値を下げる効果があるDHAを含むサプリです。

 

DHAは青魚に含まれている成分で、日本の食生活が欧米化するまでは、しっかりと日本の食卓に根付いているものでした。

 

しかし、食生活の変化によって頻繁に青魚を取る機会は比較的少なくなってきています。
ですので、それらを補助し悪玉コレステロールを下げるためにも、DHAを含むサプリを摂ることは非常に有効な手段であるといえるでしょう。

 

現在では様々な会社からDHAを含むサプリが発売されていますので、気になる方はできるだけ効果が高く安全な製品を試してみてください。

 

悪玉コレステロールを下げる為にはウォーキングなどの軽い運動が必要

悪玉コレステロール下げるサプリ

悪玉コレステロールが増えてしまう原因としては、遺伝や病気があげられます。

 

しかし、健康診断で少し数値が高かったというような場合には、偏った食生活や生活習慣が原因であることがほとんどです。
もちろん、一度は病院受診をしてください。

 

 外食が多い為に栄養バランスが偏る、食事やアルコールの摂取量が多いというような食生活をしているにもかかわらず、ほとんど運動をしていないというような人は、悪玉コレステロールの数値が高まってしまいます。

 

悪玉コレステロールが増えてしまう理由は、血液中に中性脂肪が増えてしまうことです。
そして適切な運動は中性脂肪を減らすことに繋がります。

 

年齢や個人の体力の差にもよりますが、初めから過激な運動をせず、まずウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか?
歩くだけでは大して効果が上がらないのでは?と感じる方もいらっしゃると思いますが、毎日歩くことでかなり効果を上げることができます。

 

1日45分間歩くことを目標に、初めのうちは20分程度から始めて、徐々に時間を長くしていくとよいでしょう。
腕を振ってゆっくり歩くことで仙骨にねじれ運動が起こり、腰痛や肩こりの改善にもつながります。
運動の効果はすぐに感じられることではありません。

 

軽い運動を日常生活に取り入れて続けることが悪玉コレステロールを減らすことに繋がります。したがって長期間に渡って継続することが大切です。

 

ストレスや過労でも増加するコレステロールはサプリで下げましょう

 

悪玉コレステロール下げるサプリ

 

悪玉コレステロールが増える原因としてすぐに思い浮かべるのは、脂質の多い食事や運動不足ですが、ストレスや過労も悪玉コレステロールを増やしてしまうことをご存知ですか?

 

私たちの身体は、免疫機能によって自然治癒力を持っています。ちょっとしたケガや風邪が何の治療もしなくても治るのはその働きのおかげです。この機能は時々暴走して、体に害を与えない物質に過剰反応してアレルギー症状を引き起こしたりしますが、ストレスや過労に対してはコレステロールを増やすという反応をします。

 

ストレスによって酸化してしまった細胞を修復する為に、蓄えていた脂質を血液中に送り出すという働きをするので、コレステロール値が上がってしまうのです。

 

食事は気を使っている、肥満ではない、中性脂肪は少ないというような人で、コレステロール値が高い人は、自分で感じているより多くのストレスを抱えてしまっているかもしれません。

 

ストレスはコレステロール値だけではなく、自律神経のバランスを乱したり、肌荒れの原因になったりもするので、貯め込まないようにすることが健康に繋がります。

 

半身浴や軽い運動、友人との会話などでストレスを解消する工夫をすることと、コレステロールを下げる効果のあるサプリを摂取することで、コレステロール値を正常に維持しましょう。